茶雄、今までありがとう♪

ちょっと、茶雄くんの思い出を残したいと思います

2000年7月

実家のすぐそばの原っぱに、不自然な『のほほん茶』のダンボールが

そこに、まだ生後3ヶ月くらいの茶雄&妹(姉?)のまめが入ってたの


飼ってあげたいけど、実家には、気難しい三毛猫たまちゃんがいるし
外には、雑種ワンコ&ちびたん&ちびたんの祖父母がいた

函館バァは、「私は、いいよ」って言ったけど、函館ジィは、「無理だ」って

『三毛猫のたまちゃんと、仲良くできなかったら』って、心配だったみたい

ちょっと悩んでるうちに、近所の人が、便利屋さんに電話したって連絡が

「30分後に、保健所に連れてくようにお願いしてる」って聞いて、大慌て

まずは、保護して、保健所行きを阻止しようと、近所の人のとこに行って
便利屋さんに断りを入れてもらい、茶雄&まめは、とりあえず我が家へ

約1年後に、私が結婚を控えてて、一緒に連れて行くから、それまでね


きょうだいは、元気いっぱい遊んで、寝るときは、いつも一緒の仲良し
茶雄2

心配してた、たまちゃんとは、仲良しではないけど、ケンカもなし


ダンボールに捨てられてた、ふたりに、ダンボールのトラウマはなかった
茶雄3


まめと違って、茶雄はヤンチャで、網戸によじ登って、よく怒られてたよ

たまに、ツメが引っ掛かって、下りれなくなって、叫んでたこともあった
茶雄4 
            「だれか~、たしゅけて~!!」


いたずらば~っかりしても、何だか、この子は、憎めないキャラだったな
茶雄1 


少しずつ大きくなっても、ふたりの仲良し度は、全く変わらなかったよ
茶雄5 


2001年6月に、私は、結婚して、札幌へ

新居は、『ペット可』を絶対条件に探したので、古いアパートに

で、茶雄&まめを連れて行こうとしたら、函館ジィが「ダメ」って

もうすでに、茶雄は、父にベッタリっ子で、まめも、甘え上手に

私は、ふたりの環境を変えない方がいいと思って、手を引いた

まだ、なながいなかったから、パパが2連休のたびに、函館に里帰り
茶雄6 
        茶雄は、甘えん坊だから、真っ先に抱っこしてって


Kちゃんが買ってくれた籐のベッドに、まめが寝ると、甘えん坊の茶雄も
茶雄7 
   このベッド、2万円・・・Kちゃんが、バブリーな時代のお買い物


たまに、甘える相手を、間違えたりするのも、茶雄のかわいいところ
茶雄8 


自分が大きくなったことに、気付いてないとこも、茶雄のかわいいところ
茶雄9 


(2013年1月12日撮影)

12歳のおじちゃん&おばちゃんになっても、まだまだ仲良しきょうだい
茶雄10 

この写真を撮ったとき、まめが、『甲状腺の病気』になったことが判明して
茶雄も、お年だから心配で、血液検査を受けたけど、どこも異常なかった。

8月17日に、血尿が出たから、病院に連れて行くと、膀胱炎と診断された。
悪いものはないって言われて、安心してたのに、なかなか血が止まらない。

今度は一転、「腫瘍が原因の出血かもしれませんね」って、なんじゃそりゃ!

手術するにしても、体力も落ちてるし、高齢だから、麻酔には耐えられないし
万が一、手術が成功したとしても、余命は1年、手術しなくても、半年だって。

手術は、大手術、膀胱を全摘出して、尿道の迂回路を作らなければいけない。

予後の紙オムツ生活、飼い主の介護の負担は、覚悟の上、でも、茶雄本人は。
 
両親は、このまま、家で、自然体で過ごさせたいと、手術はしないことに決めた。

茶雄は、余命宣告通りだと、あと半年しか生きられないんだなって、思ってたら
急変して、一気に縮まって、余命2週間と言われて、両親も私も、パニック状態。

毎日、点滴に通ってたけど、行くたびに、余命が、1日ずつじゃなく、グンと減る。

余命2週間と言われた次の日に、余命1週間になったので、会いに行こうと決意!

次の日に、余命3日になって、慌てて駆けつけたのに、結局、間に合わなかった。

いつまでも泣いてたら、茶雄が悲しむ、でも、悔やむ、もっと早く行けばよかったよ。

1月末に、『どこも異常なし』って言われた子が、9月に旅立つなんて、つらいわ~。
余命の半年で、心の準備をしようと思ったのに、早すぎるよ、 まだ信じたくないよ。


茶雄、ゴメンネ、助けてあげられなくて、生まれ変わったら、また、ウチに来てくれる
茶雄11 
  今まで、ありがとう、茶雄、また会おうね、おやすみ♪


スポンサーサイト

テーマ : MIX犬&シーズーの日々
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ

茶雄くんとの出会い
そんなことやってんね(T_T)

読んでて泣けてきた・・・
突然すぎるよね
元気やと思ってたら余計
悲しすぎる

茶雄くんきっと今頃虹の橋のふもとで
みんな楽しく過ごしてるよ
ななママが来るまでずーーーーっと
待っててくれてるから
安心してって
言うてると思うよ

茶雄君のお話聴かせてくれてありがとうね

こんにちは

『絵に描いたような』捨て猫だったんだね。
今まで何度も捨て犬捨て猫を見てきたけど、
ダンボールに入ってた子、いないよ。
元は入ってたんだろうけど、抜け出すよね。
あ、うちね。
昔、ブロック塀の外から子猫を投げ入れられた事あるよ。
子猫と言っても、かなり育ってたから、すぐにどこかへ走って行っちゃった。
すごい捨て方もあったもんだと、びっくりした。

茶雄くんとまめちゃん、すくすくとかなり大きく育ったのね。
朔太郎もたいがい大きいけど、痩せ気味なんだよね。
でぶ猫だったのに、妹(姉?)猫が亡くなって、痩せちゃった。
すごく中のいいきょうだいだったからね。
しばらくは、朔太郎のために仕事から猛ダッシュで帰ってたわ。
その後、ふうちゃんが来て、つくしが来て、くろとこうめの兄弟が来て、
とどめにチーム短足…。
親分、苦労が耐えないのか、一時期自分の毛を抜いてハゲ作ってた。

なんか、自分ちの朔の話になっちゃったねー。
その体型が他人…いや他猫とは思えないのよ。

No title

こんばんわ^^

茶雄くんとまめちゃん そんないきさつがあったのですね。

きっと茶雄くん 皆さんにありがとう~って
これからは お空から見守ってくれますよ^^

cicaさんへ

実家の子たちは、柴ワンコ以外、み~んな野良なの。
寿命が来て亡くなると、また、どっかから来るんだよ。
ワンニャン合わせて、ももで、13匹目・・・かな(゚ー゚*?)

12歳だと、老衰って言うには、まだまだ早いしさ、
病気がわかったとしても、もう少し介護とかして、
心の準備とかしたいよ、急すぎて、頭、真っ白!

いつか、天国に行ったら、また茶雄に会いたい(ノ_・。)

梅うさぎさんへ

まるで、マンガに出てきそうな捨て猫でしょう。
三毛猫のたまちゃんは、子猫の時に、カラスに
追われて、母親によじのぼっって助かったしね。

ブロック塀からも子猫を投げ入れるって、ヒドイ!
生き物を何だと思ってるの、もう、腹立つね(`ε´)

茶雄&まめ、まさか、こんなにデカクなるとは・・・。
朔太郎親分なんて、まだ、小さい、小さい(゚m゚*)プッ

妹って、サラちゃんだっけ、亡くなって寂しかったのね。
毛をむしるほどのストレスって、切ない、泣けてくるよ。

その後、いっぱいワンニャンが来て、苦労してきたから
親分になれたのね、だから、かっこいいのか、うんうん♪

まる921さんへ

茶雄には、こんな過去があったから、長生きさせたかった。
まさか、突然、病気になって、12歳半で旅立つとは(ノ_-。)

でも、ず~っと、闘病生活が長引くよりも、良かったのかな。
大好きなご飯を、2日間食べれなくて、かわいそうだったけど
あまり、苦しまなかったみたいだから、天国で笑ってるかな♪
プロフィール

na0707

Author:na0707
3ワンのボス「ななママ」が、
日記形式で書いてます♪
ただいま、4ヶ月半遅れ。

長女なな(♀、ミニピン×シーズー)
2004年7月7日生まれ
(ペットショップで一目ぼれ)

三女ふく(♀、シーズー)
2007年11月29日生まれ
(ペットショップの売れ残り)

長男しん(♂、シーズー)
2008年10月26日生まれ
(保護家から、我が家へ)

次女ぷっち(♀、シーズー)は
生後3ヶ月で、虹の橋を渡り
今は、空を自由に飛んで、
みんなの事を見守ってます♪

新たに、子猫が仲間入り!
四女おたま(♀、三毛猫)
2014年6月頃生まれ
(保護団体から譲渡)

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR